笑顔で案内するレディー

アパート経営の失敗事例を参考にして不動産投資を成功させよう

慎重にしたい不動産経営

貯金箱とお金

遊休地でのアパートの経営

土地を所有していながら遊休地のまま放置しているのはあまりにももったいないことです。特に公道に面していてそれに伴い路線価も高くなるようなら土地活用で防衛を計りたいところです。アパート経営は遊休地を資産価値のある土地に変化させるとても有効な手段です。しかしアパート経営には失敗の事例も多くあります。失敗の事例として立地を十分に検討せずに不動産業者の営業のままに事業を始めてしまうことがあります。周辺環境の変化にアパート経営が呑み込まれてしまうことがあります。特に当初近隣の遊休地に後からアパートが建設されることで、そちらに入居者が奪われ空室リスクが高まるという失敗事例は目立ちます。アパート経営を開始するかどうかの段階でまず周辺環境の将来の変化、特にライバルができないかということを十分に検討しておくべきです。

アパートで収益を上げる

特に地方では人口の減少が加速していきますから、空き家問題が深刻となっていきます。果たしてそのような状況の中でたとえ遊休地があるからといってアパート経営をするべきかどうかは慎重であるべきです。長期的に見て人口が減少することが予想される地域なら、アパート経営は失敗の事例となりやすいといえます。節税などの対策だけを意識しすぎて長期的な経営が成り立たなくならないように慎重にしなくてはなりません。むしろ積極的にアパート経営をするのなら、たとえ地方都市でも人口の集中しているエリアはありますから、そのようなエリアで事業をすることを目指しましょう。また魅力的なアパートであるために設備の更新も必要となります。入居者を集めるための出費を惜しんではなりません。