笑顔で案内するレディー

アパート経営の失敗事例を参考にして不動産投資を成功させよう

賃貸経営を始める前に

住宅

けっこうお金がかかる事実

これからアパート経営を始めることを考えている人は多いことでしょう。土地を持っている人は、土地の有効活用としてアパート経営は最適と言えます。しかしながら、アパート経営を始めてから失敗したという人も少なくないのです。その多くの事例が維持費に関することです。アパートを1軒構えて、毎月の収入が得られるのは確かですが、アパートの住人は永久に住んではくれません。退去がある度に原状回復の費用がかかります。さらに大きな出費は、10年ごとの外壁塗装です。多くの事例を見てみると、築20年を超える物件では、平均300万を下らないといいます。失敗したと後悔しないためにも、アパート経営にはお金がかかることを肝に銘じておきましょう。

堅実な経営のために

アパート経営にはお金がかかることが分かりましたが、失敗の事例はお金のことだけに留まりません。物件が新しい内は入居希望も結構多いのですが、築年数が古くなると、それだけ物件としての人気も陰りを見せます。周囲に新しいアパートが建つと、自然と競争力も弱くなります。空室がなかなか埋まらないということも、失敗の事例の一つです。お金のことにしても、入居者募集の件に関しても、個人の力では限界があります。アパート経営を始めるには、不動産管理会社と契約するのが一番です。維持費や入居者募集について相談できる以外にも、融資などの面で力になってくれます。堅実なアパート経営のためには、信頼できる管理会社を選ぶことが大切です。