笑顔で案内するレディー

アパート経営の失敗事例を参考にして不動産投資を成功させよう

売却計画の見通しが困難

外観

極力自らの手で管理を行う

アパート経営は不動産投資の中では空室リスクの分散による低減が可能な上に管理の一元化もできるという点で効率の良い一棟丸ごと投資を、鉄筋コンクリートのマンションよりも割安で行うことができるという点がメリットとなって人気を集めています。そして、複数個所ではなく、同じアパートの中だけの管理で済みますので、自らの手で管理を行うのも比較的容易です。そのため、管理を業者に外出しするのではなく、自らの手で行う事で更なる利回りの向上を図りやすいという点でも人気を集める不動産投資の手法なのです。一方でアパート経営も他の不動産投資の対象物件と同様にいずれ借り手の需要が減り、収益力が低下します。ですので、実現性の高い売却計画を立てておかないと投資に失敗する可能性が有るという点は他の投資物件と同様ですし、売却の際の査定額が鉄筋コンクリートのマンションと比べて割安になってしまうという理由による失敗事例が他の投資物件よりも多い投資物件であることも認識しておく必要があるのです。過去の事例を把握しておき、失敗防止の参考にしましょう。

減価償却の速度が速い

売却のための査定額が物件購入当時の想定よりも低くなってしまいがちというアパート経営の失敗事例として、目の当たりにすることの多いケースが、物件の価値が早々に低下してしまうことでしょう。このようなアパート経営の典型的な失敗事例を踏襲しないためには、予め投資計画を立てる際に、その物件による不動産投資を止める時期を定め、その時期に更地にして売却する、或いはアパートなどの新たな賃貸物件を建て直す、或いは駐車場など別の用途に利用するといった計画を立て、既存のアパートの取り壊し費用と、新たな収益計画の実行のために必要な費用を見越し、そのコストを支出項目の一つに加えても尚求める利回りを期待できるのか否かによって投資対象として実際に購入するか否かを判断することが大切なのです。