ウーマン

アパート経営の失敗事例を参考にして不動産投資を成功させよう

アパートでの資産運用とは

インテリア

知っておきたい不動産運用

アパート経営を行う上で、その失敗事例を知っておくことは大切です。同じ失敗をしないために注意することができるからです。最も多い事例としては、無理な資金計画を立ててしまうことです。具体的には、常に部屋が満室であることを前提とした返済計画を立ててしまうことが挙げられます。アパート経営には空き部屋リスクがつきものだからです。また、修繕のための余裕資金を用意していないことも良く見るケースです。アパートはマンションとは異なり、短いサイクルでの手入れが必要となります。さらに外壁などの防水加工も定期的に行うことで、建物が長持ちします。その点も考慮した資金計画を立てることが大事です。どのような出費があるのか、事前に調べる必要があります。

アパート経営を行うためには、まず土地の仕入れが必要です。けれども近年、地価の上昇が目立つようになり、その購入コストも上昇しています。それが利回りを低下させる原因にもつながることから、無理な返済計画を立てる原因にもなっています。今後もさらにそのような失敗事例が増えることは予測されます。アパート経営で大切なのは、バランスの取れた収益性の確保です。たとえ地価の安い地域であっても、賃貸需要があり収益性も確保できるのであれば、多少資産価値が低くなっても失敗するリスクは低くなります。そのような建設事例を調べることも役に立ちます。また、アパート経営のやり方は人によって異なるものです。自分に合ったスタイルを定めるためにも、これからの動向に合ったやり方を探す必要があります。

慎重にしたい不動産経営

貯金箱とお金

遊休地を所有していると土地を積極的に活用したいという気持ちにもなる。しかしアパート経営には失敗の事例も多くあるので、慎重に検討する必要がある。土地の立地する周辺環境をくまなくチェックして将来の変化も想定しながら検討しなければならない。

» 読んでみよう

賃貸経営を始める前に

住宅

アパート経営には、お金がかかります。退去者が出た時の原状回復や10年ごとの外壁塗装など、維持管理の費用はばかになりません。このことを考えないで経営を続けていることが経営失敗の事例として多いのです。堅実な経営のためには、信頼できる不動産管理と契約することです。

» 読んでみよう

売却計画の見通しが困難

外観

木造建築によるアパート経営は鉄筋コンクリートのマンションなどと比べて比較的少額で空室リスクの少ない一棟丸ごと投資を行えます。しかし、木造建築物の建物の減価償却の速度は速いので、いざ売却しようと思った際に想定していた売却額の査定を受けられなかったという失敗事例も少なくはありませんので注意が必要です。

» 読んでみよう